海外における包茎手術の扱い

ロゴ
トップページ
<包茎手術はどのように捉えられているのか>
日本では包茎と言いますと、不潔であったり、不衛生であるというイメージを持つ人が多いかもしれませんね。 軽度の仮性包茎くらいなら日常的に困るようなこともなく、入浴時に清潔にするように心がけておくと良いのですが、見た目を気にする人も少なくないそうです。 では日本以外の国では、包茎手術はどのように捉えられているのかを考えてみましょう。 先ず距離的に最も近い外国である韓国ですが、韓国では包茎は日本よりも悪であるといったイメージが定着しており、包茎手術をして当たり前だと言うような風潮があるようです。 そもそも歴史的に朝鮮半島で包茎手術を行ってきたという歴史はなく、包茎手術が一般化したのは朝鮮戦争以降とのことです。 このことからアメリカの文化が持ち込まれたのではないかという意見が主流です。 また、韓国と言えば美容整形王国とも呼ばれており、日本よりも格段に美容整形が普及しているのは有名です。 そうした意味で、包茎手術を行うのも美容整形の1つだというよう人が多いそうです。 ただし、割礼の文化はないので幼児期に手術をするのではなく、青年期に手術を受けることが多いようですね。 先ほどから少し触れている割礼ですが、これは宗教や文化に基づく包茎手術のことです。 割礼の習慣がある国では幼児期に、宗教的な儀式として行うことが一般的だそうですね。 特に割礼の習慣があることで有名なのは、イスラム圏の国々ですね。 宗教的な側面から、厳格に割礼の儀式を行う時には麻酔を使うことなく手術をしてしまうそうです。 イスラム教の他にも、キリスト教の一派や、ユダヤ教徒、なども宗教的な意味で割礼を行っています。 文化的な意味で割礼を行っているのはアフリカなどの部族が行っているものが該当します。 日本人にとって何かと身近なアメリカも、医学的な見地から包茎手術が行われてきた歴史があります。 割礼とまではいきませんが、文化的に幼児期に包茎手術を行うことが多く、現在でもおよそ6 割程度の人が包茎手術を受けているそうです。 ただし、現在では手術の数は減少傾向にあるとされています。

<世界の包茎手術事情>
包茎に対するイメージと言うのは、世界共通ではありません。 日本では、不潔であったり、不衛生であるというイメージを持っている人も多いのですが、ヨーロッパでは包茎の中でも仮性包茎は自然な状態だとされていて、特に悪いイメージはありません。 ヨーロッパの雑誌などでは仮性包茎である男性器をそのまま出したヌード写真なども掲載されており、包茎に関しては真性包茎、カントン包茎のみが手術や治療の対象となるようです。 また、イスラム圏の国では宗教上の理由から割礼といった儀式を行うことになります。 割礼とは、宗教的や文化的な理由から幼少期などに包皮を切除してしまう儀式のことです。 厳密に言うと、包茎手術ではないのですが、日本では割礼と言うと包茎手術を行っているといった意味が含まれることもあります。 つまり、割礼が行われている国や地域などでは、包茎そのものが存在しないことになってしまいます。 割礼を行う宗教として代表的なのは、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などがあります。 また、アフリカや東南アジアの国々では、そこに住む部族の人の風習として割礼の儀式が残っていることがあり、この場合は文化的な側面があると行っても良いでしょう。 この場合、幼児期に割礼を行うのではなく、成人の儀式として行われることがほとんで、ある意味ではイニシエーションであると考えることができます。 包茎手術を行う国では、日本のお隣の国である韓国だと、ここ数十年でかなり包茎手術が普及しています。 8割以上の男性が包茎手術を受けているといったこともあり、先進国なら包茎手術を行って当たり前といった考え方のようですね。 日本に馴染みのある国であるアメリカも包茎手術を行っている国の1つです。 アメリカの場合、医学的な見地からみて包茎は治療した方が良いとされていた時期があったことから、宗教上の理由とは別に幼少期に包茎手術を受けることが一般的でした。 しかし、近年になってその考え方そのものが間違っていたとして、現在では包茎手術を推進することはなくなりましたが、依然として風習として包茎手術を行っている地域もあるそうです。



Copyright(c) 海外における包茎手術の扱い. All right reserved.